振り向かないで

振り向かないで

 女は命を生む性


日テレ「たかじんのそこまで言って委員会」の終りの方だけ、少し見て。


今、若者たちの自動車離れ・酒タバコ離れ・ギャンブル離れ・
活字離れ・テレビ離れ・海外旅行離れが、目立つということで、
「あなたの気になる、若者の○○離れは?」


若いうちに無茶しないでいつする!と叱咤するコメンテイターに対し、
したくてもお金がない、と反論する若者。


なぜ先輩におごってもらわない、と問うコメンテイター。
先輩も同じくお金がない、
と答える若者。


司会の辛坊治郎が、
「昔は、若者はお金がなくても、年功序列だったので、
 10年後20年後に希望を持って、長期ローンも組めた。
 先輩からもおごってもらえた。
 だが今は、現在の自分の生活で手いっぱい。
 なんにも余裕がない」
と解説。


不甲斐なさを嘆く男性陣とは、異なる女性コメンテイター2人。
意見を求めなかったが觀塘找換店、高田万由子の「敬語離れ」が、
私も気になっている。
敬語を嫌うということは、相手に敬意を抱けないということだろうか。
見知らぬ人を、大切にできないということだろうか。
人間に対する敬意が、自分になければ、礼儀も守れないだろうし、
相手からも攻撃されるだろう。
敬語は苦手かも知れないがNeo skin lab 代理人、決して離れてほしくはない。


田嶋陽子の「男の沽券離れ」
「若者にとって、男の沽券とは、いったい何?
 そんなものは無いって言うなら、賞賛の拍手する」
と言う田嶋。


 男の沽券が、最後に残された男のプライドだとしたら。


私は、それは・・・・“守る”ことだと思う。


 男は、それを守る性、だと思う。
女を守ることは、命を守ること、人間全体を守ること、
そして、世界を守ることだろう。


酒もタバコも、ギャンブルはもちろん、
自動車も、海外旅行さえいらない、
そういう若者たちを、不甲斐ないとは、私は思わない。


彼らの中には、紛うことなく、太古から変わらぬエネルギーが、
マグマのごとく渦巻いていると思う。


そのエネルギーが、正しく噴出できる社会でなければ、
とんでもないことになるのでは、あるまいか。






小学校生活最後のテストなんて


今日は月曜日。1週間の始まり。
…と言うよりも、期末テスト2日前、と言う印象の方が
圧倒的に強いです。


いつも通り、本当にいつも通り、授業は淡々と進み
いつも通りにホームルームの時間になる。


なんでこんなに普通なんだろう。
明後日にテストを控えているのに、誰1人として
焦ったり、不安になったりしている様子がない。


ふと浮かんだその疑問の答えは、有機凍肉
いたって普通だった。
普通に考えたらそんなに重要なものじゃない。
勉強をまるでせずに挑む子だっている。
最後だけど、基本的にはこなすだけ。そのスタンスの子がほとんど。


あと何日だ、あと何日だ…、なんて
こんなにもテストのことで頭がいっぱいいっぱいになっているのは
きっと私…、と、もう1人だけ。


周りのみんながいつものように
ただただ普通に過ごしているのを見ていると
あぁ私、すごい賭け事をしているんだなぁと
急に全身に冷や汗をかいてしまうような、ゾッした気分に襲われてしまう。


でも、もう後戻りはできない。私が決めたこと、受け入れたこと。
きっと…、いや間違いなく、私の意思で。
だから、もう悩んでいる暇はない。時間もない。
全力を尽くすのみ。


なんとかその気持ちで、急に訪れる不安を上書きすることが出来るから
きっと大丈夫、なんとかなると、自分を落ち着かせることが出来る。


最近、そんなことばかりを考えているなぁと思うたび
やっぱり私凄いことをしようとしているんだなぁ…、と…
…駄目駄目、…また、無限回廊に迷い込むところだったよ。


いい意味で、無心でいかないと…

それは楽しい授業でした


なのに、日吉の冷房で始まった気管支炎は治らず、レポート準備にも取りかかれず、8月が終わろうとしています(涙)。
 3期のイタリア文学は、グレゴリオ聖歌nuskin 如新やダンテの新曲から始まって、ルネッサンスを経て近代まで。ドン・ジョヴァンニやラ・トラヴィアータなど代表的なイタリアオペラの解説も奥が深く。
 しかし、骨の髄まで夜行性がしみついている私には7時前に起床して満員電車で通学すること自体が新鮮、かつしんどかった。如新nuskin產品ペラ観賞の時など、ふっと意識が遠のいて気がつくと頭が揺れていることも(先生ごめんなさい!熱帯夜で寝不足でした)。でも、授業開始と共に机に突っ伏して寝ている若い女性のツワモノもいたから、やはり3期の朝ともなると誰しも疲れが出る頃なのね。
 夏スク最終日の講義は、マスカーニのオペラ「カヴァレリーア・ルスティカーナ(田舎の騎士道)」について。このオペラのハイライトとレオンカヴァッロの「道化師」がセット(たいていこの二作品はセットになっているらしい)になったCDを気に入っていて何度も聴いているのに、シチリア島を舞台にしたストーリーはこの授業で初めて知りました。ただ、岩波文庫に入っている和訳はちょっと古過ぎというか、直訳過ぎて自然さに欠けるような。。新たな翻訳が出ることを期待します如新nuskin產品
 画像はダ・ポンタ版のドン・ジョヴァンニの舞台となったヴェネツィアのカーニヴァルで。